お気軽にお電話・お問い合わせください

045-374-3232
menu

文庫中央鍼灸整骨院ブログ

2018.8.17 金曜日 15:44

膝が悪い方のウォーキングの過ち!

こんにちは、文庫中央鍼灸整骨院です!   タイトルにも書きましたが膝が悪い方の歩き方、及びウォーキングの過ちをここで少し書かせて頂きます。   1. 腕を大きく振っての歩き方 2. 大股すぎる歩き方 3. 膝が曲がったままでの歩き方   上記の歩き方で余計に痛めてしまう方がいます!!   まず1番目から! 腕を大きく振って歩くと腕が疲れ、上下運動が盛んになりO脚にもなりやすく余計に痛くなります!! 疲れてくると歩き方のフォームも崩れ体重移動が偏ってしまい、痛くもなります!   次に2番目!! 大股歩きです。大股歩きは健康にいいと言いますが、それは路上ではないと思います。 外や自宅で行ってしますとつまずきやすくなり、骨折や怪我の原因となります! 無理に大股で歩くとかかとから着地を出来なくなり、膝が曲がり膝をかばってよけいに痛くなり尚且つ腰も痛くなります! もし大股で歩くとしたら、プールで行いましょう!   最後に3番目です!!! 膝を曲げたままでの歩く動作です! まっすぐの姿勢で歩きたいからと、膝を曲げて歩いていると身体の軸が傾いてしまいます! 膝が曲がったままだと、いきなり力が入らず力が抜けてしまう事が多く転倒に繋がってしまいます! 腰が曲がったままでも歩くことはできますが、膝を痛めて歩くことは困難になってしますことがありますので、無理のしないようにしましょう。   歩いていて膝の負担を少しでも軽減させる方法はいくらでもあります。 当院では筋肉トレーニングを行い膝の負担を軽減させます!   是非当院にご相談ください!